あいじん とうろくなし であいけいけいじばん

交際のセンスが見当がつかない
その直後すごい物語をうかがった女の人。17歳で処女を失って以来7年の間に、
50人を超える男たちと下の関係を保持したのだそう。
おまけに現在まで一回もふつうに好きな男の人がいたことがないというからびっくりです。
どういう理由で好きな男を見つけないのか。
男性は前々から手に入れたいと感じているけど、何故かしら見つけられないんです。恋する人ともだいたい肉体関係止まり。
お付き合いする以前に性行為しちゃいけないのはわかっちゃいるんだけど、ついつい身をゆだねてしまって。
とはいえ、そういう男と一緒に考えなしに海にも行くし、心持ち的にも幸せを感じている分があるから、
ここ最近はなんとなく男の人をもとうとしなくてもいいんじゃねって意識しています。
恋愛感情も人との関係とおんなじもの。
多くの聞いたものやおしゃべりの中から、双方を共感し、じっくり手間をかけて育てていくもの。
ですが、その経験をスキップして対面してたちまち関係をもつトレンドが身についている人は、
好きな男の人の誘導を蹴っ飛ばすことができない弱い女になってしまう潜在能力があると思われています。
こんな、特定の男じゃなくてもオトナの関係を持てる、という娘はどんどん増加しています。
その理屈は「さびしいから」、「肉体関係を持つのが大好きだから」、「男にお願いされて」など、理由はたくさん。
性交渉のみの関わりを否認するつもりはないけれど、その一方で内面とともにフィジカルは関係のあるもの。
はじめのうちは割り切っていたはずなんだけど、恋愛感情が揺すぶられ、
思い付いたら男の子の言いなりなんて、苦しい結びつきにならないよう注意をしたい。
君の身のことはお大事に。エッチするだけの友達を探そうとするときは、自分なりの規則をもっておくとグッドでしょう。