いそぢ おくさま げいとも

■色恋経験が多量で、女性の方の使い方に慣れっこな男子

女権論者とは、セックスフレンド関係にすべき男子の前提の一つです。
可能な限り、愛の体験が豊かで、場数を持っていること。
女の方の扱いに慣れっこで、瞬時に措置がやれること。
そして何をおいても、女子の人格を大事にすることがすることができることが、性的な関係にふさわしい人なのです。
ああなると、下半身だけの続柄なのに、なんでまたこんな精神的な事項が大切なのか?、と感じられるかもしれません。
とはいえ、性的な関連だからこそ、このような要素が大切なのです。
それがなければ、すっかりと肉欲だらけの交流になってしまう。
男の人はこうであっても満たされるが、彼女は本質的に、これらでは満足できない。
その時限定でも、本人を大事に扱ってくれる慈悲深さを、女性の人は男子の人に願うものなのです。

■技術がある方、他には交わりに対する勉強が十分ある男性の方

肉体関係として交際するのだから、つまるところ床入りの力は大事になるでしょう。
キャリア多々ある技術のある者というのが願いですが、
ああでない場合、一例を挙げれば得るの愚直な若い男児でも、性愛行動に対する志が多量なことが、大事な条件になります。
一つ言えば、あいつが知験の狭い年下男子の人でも、
付き合いをしている間に伴侶が続けて腕のほどを磨けばあれらほどセックスフレンドに好適な男性の人はいません。