えすえむ ふりん

■色恋の経験が豊かで、女性の方の待遇にこなれている人

ナルシストというのは、セフレにするべき男性の方の土台の一つです。
できることなら、色恋経験がふんだんで、場数があること。
女性の人の扱いにつかんでいて、その場で受け答えができる。
それで何よりも、婦人の人格を大事にすることが可能であるというのが、セックスフレンドにふさわしい男子の人なのです。
こうなると、セックスだけの交友関係なのに、どういうわけでこうした精神的な理由が必然なのか?、と感じるかもしれない。
だが、身だけの結びつきだからこそ、こういう要素が須要なのです。
そちらがないと、まさに肉欲だらけの関連になりえてしまいます。
男の方はこうであっても十分だが、女は頭脳的に、そうでは喜べません。
その時限りでも、私を必要としてくれる心優しさを、女子は男に要求するものなのです。

■テクニックのある者、それか性愛行動に対する知識欲がうんとある男児

セックスフレンド関係として異性交遊するのですから、やっぱり交わりの上手さは重要になるでしょう。
体験多々あるテクニックがある者というのが願いですが、
ああじゃない場合、一つ取り上げると芸の肥やしの薄っぺらい若い男性の人でも、営みに対する捜索心が豊潤なことが、肝要条件になります。
一例を挙げると、あいつが芸の肥やしの低い年下男児でも、
恋人関係の間に協力者が絶えず技法を磨き上げていければそれほど一線を越えた仲に適合な男の人はいません。