えむおんな ごじゅーだい じゅくおんな

■色恋の経験が十分で、彼女の扱い方に耐性のある男

女を語る人というのは、肉体関係にすべき男の方の原則の一つです。
可能ならば、愛の体験が豊潤で、経験を踏んでいること。
女子の方の扱いに耐性があって、時と場合によりもてなしができるもの。
また何よりも、女子の方の人格を敬意をあらわすことができるということが、下半身の関係に合った男児なのです。
こういうと、オトナの結びつきなのに、なんでまたあんな精神的な要因が肝要なのか?、と思われるかもしれない。
だからと言って、セックスだけの付き合いだからこそ、ああした要素が必然なのです。
そちらがないと、まさに肉欲のみしかない結びつきになってしまうのです。
男の人はそうであっても満足できるが、女の方は生理的に、そちらでは満たされない。
その場に限っても、俺を必須としてくれる紳士的さを、婦人は男子の人に要望するものなのです。

■テクニックがある人、他には男女の営みに対する欲求がたっぷりある男の人

セフレ関係として交友するのですから、やっぱし性交の上手さは必要になるでしょう。
場数多々ある技術者というのが鑑ですが、
そうじゃない場合、例えると見聞きの深くない若い男子の人でも、営みに対する欲求が多量なことが、主要条件になります。
一つ言えば、あの人が試しの高くない年下男子の人でも、
付き合う間に相手がせっせと技法を磨き上げてくれればあちらほど怪しい関係にうってつけな男はいません。