かかおあいでぃーけいじばん さいと

女子として生まれて「女」としてやっているとセックスフレンドが居たら寂しさを紛らわせるのに…と頭をよぎったことは女性のほとんどがあるものです。
特別私生活に関しては双方とも求めちゃダメ、寂しい時にエッチできて、文句などは口にしてはいけない。
こんな感じの気を使わなくてもいい男性。
実は自分も最近まで長年、会いたい時だけ会っていた最高のセフレがおりまして…。
この関係を発展させることを互いに口に出さないように心掛け、その人のそばにいると気が安らいだ。
ブルーな時、意見を聞きたいとき、心細い時頼りになった男の人でした。
きっとセフレという関係は一緒に居て楽ちんなのかもと思います。
特別な存在ではなく、結局は体だけの関係。それは、お互いのプライベートを知りたがらないような事が条件ですよね。
だけど、一般的に女はセックスしてしまった男に対し恋に落ちてしまうことも本当の所あります。
都合の良い男性のすべてを手に入れたいと思った、それに気づかないふりをするのはかなりつらい事です。
でもね、そんなつもりはなかったのに愛してしまった…という体験をした方は多いにちがいありません。
将来的に長期間体だけの関係、そう思っていた彼と本格的に恋愛するということはずいぶん厳しく思われますよね。
可能な限り都合の良い男性と恋人関係になるにはどうすべきかと作戦を考えてみました。

■あたしたちってぴったりの相性だと思う

自分たちの間柄が交際中の男女と変わらないと思ったら、
「あたしたちって相性抜群だよね」「逆になんでこれまで付き合わなかったのか不思議じゃない?」という感じでそれとなく関係性について言及してみてください。
相手もそのように感じていたなら「じゃ付き合おうよ?」という返答が返ってくるかもしれませんね。
それとまた重くならず可愛く言う事。この方法が大切なんです。

■成り行き任せで確認してみよう

勇気を出して「私ずっとあなたのこと男として良いなって想っているんだけどあたしに対してどう考えている?」と聞いてみましょう。
万が一彼の反応が微妙だとすれば恋人関係になることは期待できないと思います。
ここで男性のリアクションが好意的であれば冗談ぽく交際してみない?というセリフを言ったら少なからず上手くいくでしょう。