きょにゅうじゅくじょ ろくじゅーだい おくさま

上手くいくセフレの素敵な男性とは、どういうジャンルの男性を対象にすれば良いのでしょうか?
好みの種類もはっきりと優先したいところですが、
男性の特徴によっては、上手くいくセフレの相手と、そうとはいえない男性にわかれるというのが現実です。
実際には、どこに注目して分別すれば良い結果になるのでしょうか。
ここからはセフレに適しているパートナーの要点について要約してみましたので、熟考すると良い結果につながりやすくなります。

■心理的に余裕を感じさせて、全体的に他者に依存していない年上の男性

こちら側では疑いなくセフレという形で交際しているのに、先方が態度を変えて、
恋人になることを強要されることが最近では起きています。
当初、肉体関係だけ、という承諾をしていたはずなのに、そんなことに巻き込まれる事例も起きています。
どういう理由で、そうした誤解が発生するのか。
実のところ、相手である男性の内面が独り立ちした人間として未完成だからだといえます。
逆に読み解くと、上手くいくセフレの安心できる相手として欠いてはいけない原則が、内面的に成長を感じさせる大人といえること、ということが分かります。
可能な限り納得のいく付き合いを確立して、そうしたことを保持していくためには、
向こう側に、大人気ない要素がある場合はうまくいく保証ができません。
それだけではなく、内的に円熟していて独り立ちしている以外にも、お金についても余裕を持っていることも、前提となる条件と認識しておきましょう。
過去の事例でいうと、自分よりも若い青年層の人を、愛らしいからという偏った考えだけでセフレにすると、
生活費のサポートをお願いされてしまうことになってしまうことがあるのです。
そのような形では、長期間コミュニケーションを続けていくのは難題が多いでしょう。