さくらなし であいけいじばん であえるけいじばん

長い間「女」として日常を送っていると自分の性欲を満たしてくれる相手が欲しい…なんて想像した事はほとんどの人がありますよね。
二人の決め事で結婚して欲しいなどは互いに期待しないで、寂しい時に寄り添ってくれて、この関係を壊すようなことは言ってはいけない。
とってもメリットがある相手。
自分にも最近まで過ごした体だけの相手がいたのです。
相手へ必要以上の要求は両者ともに口に出さず、この男性と一緒にいるときはリラックスできた。
友人関係の面で意見を聞きたいとき、一人で居たくない時ものすごく頼りになる相手でした。
本当に都合の良い相手とは一緒に居て楽ちんなのかもと思いますね。
自分にとって1番の存在ではなく、あくまでも性欲を満たしてくれる相手。それだから、お互いのプライベートを知りたがらないという気持ちが条件です。
だけれでも、女性の生態はHした男に対し特別な存在になりたいと思うケースは実際あるのです。
エッチするだけの男性のすべてを手に入れたいと思った、そう受け入れる事はかなりつらいのです。
でもね、自覚するのは怖いけど頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そのような人は多いでしょう。
だけれども、長年性欲を満たしてくれる関係だった男の人と恋人として交際することは意外と大変だと思われます。
なんとかセックスするだけの男性が振り向いてくれるにはどうすべきか、いくつか挙げてみます。

■あなたと私ってすごく相性がぴったりですよね

お互いの距離感が交際相手と変わらないのなら
「私とあなたってぴったりの相性だと思わない?」「逆になんで付き合わなかったのか不思議じゃない?」という感じで関係性について言及してください。
相手の男性も同じく考えていたなら「これから俺と付き合う?」という返事が返ってくるかもしれません。
また重くならずふざけながら言う事。この感覚が重要なんです。

■成り行き任せで質問する

ダイレクトに「前からあなたのこと特別な人として好きって感じてた。あたしのことをどういう存在だと思う?」と聞いてみるのです。
もしも彼の表情があいまいだとすると交際に至ることは期待できないでしょう。
その瞬間の彼の返答が好意的だと流れに任せて交際してみよう?と提案すると、ほぼ成功します。