さんじゅーだい ひとづま であいけいけいじばん

セフレに適している男の人とは、どんな性格の男性を指すのでしょうか。
容姿の好みも本当はあるでしょうが、
男性の特徴によっては、相性の良いセフレの優れた男性と、そうとは判断できない男性にわかれるということを覚えておきましょう。
それなら、どのような基準で答えを出せば後悔しない結果になるのでしょうか。
何はともあれ相性の良いセフレの最高の男性の見分け方について要約してみましたので、活用してみるとよいでしょう。

■心理的に誠実で、すべてにおいて独り立ちしている年上の男性

自分の中では間違いなくセフレという取り決めで捉えているのに、先方が気が変わって、
恋愛に発展させることを懇願されてしまうことが実状としては起きています。
初めの時期に、恋愛関係には発展しない、という判断をしていたと思っていても、そのような意外なことを言われるケースが多いのです。
何が原因で、これらのトラブルが発生しがちなのか。
その原因は、あなたの選んだその人が、自立した人間として成熟できていないからです。
要は、セフレにする価値のある相手として本質的なポイントが、精神面が充分に成長している大人だといえる状態であること、といえるでしょう。
最初から最後まで納得のいく付き合いを確立して、そうしたことを長続きさせるためには、
向こう側に、大人になり切れていない要素が存在するとうまくいくとは言えません。
あるいは、物腰が大人とされていて自立できているのはもちろんのこと、金銭的な意味で問題を抱えていないことも、前提となる条件と言えるのは間違いありません。
過去の事例でいうと、若々しい男の人を、年下と付き合いたいからという理由ばかりでセフレにすると、
経済面での助力を求められてしまうことになってしまいます。
そのような形では、長期にわたってコミュニケーションを続けていくのはむずかしいでしょう。