しゅふ せっくすとも

セフレとしてお付き合いしたい素敵な男性とは、どういったイメージの人であるべきなのでしょうか。
ルックスの好みも実のところはあるものですが、
タイプによっては、相性の良いセフレの男性と判断できる人と、セフレに適していない男性に区別されます。
それなら、どのような点に注意して決断すれば素晴らしい出会いがあるのでしょうか。
まずはセフレにしやすい素晴らしい男性の選び方について伝授しますので、注意して頂きたいと思います。

■メンタルが真面目で、全面的にしっかりと自立心を持っている相手

こちらの頭の中では明らかにセフレという契約で交際しているのに、向こう側が思い違いをして、
結婚することまでを強要されることが実際のところは増加しています。
真っ先に、恋愛の関係ではない、という判断をしていたというのに、そのような事態になるケースも後を絶ちません。
何が原因で、そうしたタイプのトラブルが発生しがちなのか。
実は、相手であるパートナーが、自立した人間として成熟できていないからです。
要は、セフレにすべき相手として重要な核となる部分が、内面的に充分に成長している自立心を持った人間であること、といえるでしょう。
あくまでも頓着しない関係を始めて、そんな付き合いを続けていくためには、
相手サイドに、成長の足りない所作があってはうまくいかないことが多いです。
そのうえ、振る舞いが大人と認められて自立心が強いという以外にも、収入の方も自立できているのかという面も、重要な条件と言えます。
具体例でいうと、若い10代や20代の青年を、愛くるしいからという偏った価値観でセフレとして選ぶと、
金銭に関わる救済を催促されるということになる確率が高いです。
そういった関係では、末長くお付き合いを維持することはむずかしいはずです。