じゅくじょしゅふ えんこう

長く付き合えるセフレの若い男性とは、どういう性質の人であるべきなのでしょうか。
自分の理想も当然あっても問題ないのですが、
男性の中身によっては、セフレにした方が良い男性とされる人と、関係を持つべきではない相手に分類されるのです。
それならば、どのような基準で結論付ければ価値のある人と出会えるのでしょうか。
という訳で相性の良いセフレの男性とされる人の性質についてお知らせしますので、考慮して良い相手と巡り合いましょう。

■言動が純真で、万事においてしっかりと自立心を持っている頼れる男性

本当は確実にセフレというルールで捉えているのに、男性側が考え違いをしてしまって、
恋愛に発展させることを懇願されてしまうことが実を言うと珍しくありません。
最初の出会いから、恋愛のことは考えない、という取り決めを間違いなくしていたとしても、そんなトラブルになる実例があるのです。
何が原因で、こういった考え違いが無くならないのか。
その原因は、相手となるその人が、自立した人間として完成されていないからです。
すなわち、セフレにすべき割り切った関係として必要な中枢が、精神面が完成されている完璧な大人といえること、と断言できるでしょう。
純粋にセフレのパートナーとしての関係を達成し、そのつながりを続けていくためには、
男性の方に、子供っぽい振る舞いがあると成功は難しくなるかもしれません。
あるいは、言動が大人と認められて独立心を持っている他にも、収入面でも独り立ちできているのかという点も、必要な条件であると知っておくべきです。
具体例でいうと、年端もいかない相手を、顔が好みだからという要素のみでセフレとして選ぶと、
金銭面の補助を求められてしまうことになりかねないのです。
そういった関係では、遥か先までセフレの付き合いを続けるのは簡単ではありません。