じょしだいせい すたびけいじばん

■恋愛体験が多量で、婦人の方のコントロールにつかんでいる男

フェミニストとは、性的な関係にすべき男の方の基礎の一つです。
できるなら、恋愛体験がたくさんあり、経験を持っていること。
婦人の方の扱いにこなれていて、瞬時のお構いがすることができること。
また何よりも、女子の人格を感化することがすることが、怪しい関係に似つかわしい男子の方なのです。
さも、肉体だけの関連なのに、なんでまたあんな精神的な中身が重要なのか?、と考えられるかもしれません。
だからと言って、オトナの関係性だからこそ、こうした要素が必然なのです。
あれがないと、申し分なく肉欲だけのかかわりになっていってしまう。
男子の方はそれであっても十分ですが、女子は先天的に、それらでは満たされません。
その時限りではあっても、僕を大切にしてくれるたおやかさを、婦人は男子に期待するものです。

■テクニックがある人、そしてまた性交渉に対する捜索心がたっぷりある男子の方

下半身の関係として人付き合いするのだから、やっぱし性交渉の力は必至になるでしょう。
場数たくさんのテクニックのある人というのが望みですが、
こうじゃない場合、例えると知験の愚直な若い男子でも、性交に対する欲求が多々あることが、必然条件になります。
例をいえば、先方が味わいの薄っぺらい年下の男性の方でも、
人付き合いする間にカップルがいつまでも手法を磨いていけばそれらほど肉体関係に似合う男子の方はいません。