せっくすふれんど こうれい まだむ

■恋愛体験が豊潤で、女の人の応対につかんでいる男児

女権論者というのも、性的な関係にすべき男の条件です。
可能な限り、色恋の経験が多くて、経験があること。
女性の人の扱いにこなれ感があって、一瞬に反応がやれる。
それで何よりも、女の方の人格を大事にすることがすることが、秘密の関係にもってこいな男子の人なのです。
ああなると、下半身だけの交友関係なのに、何故にそうした精神的な事案が貴重なのか?、と感じるかもしれない。
だが、人身だけの関連性だからこそ、こういう要素が大切なのです。
それがなければ、優に肉欲だらけの交友関係になりえてしまいます。
男児はだけども本望だが、女の人は母性的に、これらでは結構ではありません。
その場限りであっても、自分自身を必要としてくれるあたたかさを、女子は男の方に望むものなのです。

■技術がある方、他に性交に対する勉強が多い男子の人

一線を越えた仲として人付き合いするのですから、つまり性交渉の技は重要になるでしょう。
試したくさんの技術がある方というのが模範ですが、
ああではない場合、一例を挙げるとキャリアの狭い若い男でも、性交渉に対する向学が多いことが、大切な条件になります。
一例を挙げれば、あいつが知験の深くない年下の人でも、
交際する間に片棒が徐々に方法を磨き上げていってくれればそちらほど肉体関係に妥当な人はいません。