せっくす したい しろうとじょせい

■愛の体験がたっぷりあり、女性の人の応対に耐性がある男性の人

ナルシストというのも、秘密の関係にすべき男性の人の土台です。
できるなら、色恋経験がたっぷりあり、経験を持っていること。
女の扱いに耐性のあって、場に応じて扱いができる。
また何よりも、婦人の人格を称賛することが可能というのが、セックスフレンド関係に合った男性の人なのです。
そういった、一千を超えた交流なのに、何故あのような精神的な事柄が不可欠なのか?、と考えられるかもしれません。
とはいっても、下半身だけの交友関係だからこそ、あのような要素が必至なのです。
あれがないと、十分に肉欲ばっかりの付き合いにそうなってしまいます。
男子の人はそうだとしても十分ですが、女性の方は頭脳的に、あれらでは満たされない。
その場に限っていても、自らを主要としてくれる気立ての良さを、女の人は男子に求めるものです。

■テクニックがある人、また営みに対する向学がたくさんある男子の方

一線を越えた仲として人付き合いするのですから、結局性交渉の腕のほどは必須になるでしょう。
知験豊潤な技術のある人というのが夢ですが、
こうではない場合、例を挙げると知験の狭い若い男でも、抱くことに対する欲求が多いことが、必至条件になります。
一例を挙げると、相方が芸の肥やしの厚くない年下男の方でも、
付き合う間に相方がいつまでも力を磨き上げていってくれればそちらほど性的な関係に似つかわしい男子の方はいません。