せふれぼしゅう せっくす できる

ずっと「女」であり続けている人ならお互いのプライベートに踏み込まないセフレが欲しい…と想像したことはほとんどの方が経験あると思います。
必ず自分が1番でありたいなどはどちらとも口にしないこと、寂しい時に抱いてくれて、わずらわしいことは口にしない。
めちゃくちゃ良いとこどりの男。
実をいうと筆者自身数年前まで長い間、過ごしたセックスだけを楽しめる相手が存在しました。
この関係を壊すようなことは両者とも言わなかったので、この人のそばにいるととても満たされた。
彼氏の事で悩んでいた時、孤独を感じた時いつも頼れた方でしたね。
やはり欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居てホッとするのかもと思いました。
旦那ではなく、言ってもセフレ。この場合は、求めすぎないような関係を心がけるが大事です。
ですが、一般的に女性はHした人に彼女になりたいと思う場合が事実あるものです。
エッチするだけの男性に恋してしまった、それに気づかないふりをするのは難しいのです。
とはいっても、自覚するのは怖いけど愛してしまった…そんなパターンの妻は本当に多いです。
でも、ずっとエッチするだけの関係だった男の方とパートナーとして恋愛するということはとても困難だと感じるんですよね。
どうにか性欲を満たしてくれる相手を自分のものにするにはどうしたらいいのかと作戦を考えてみました。

■私たち一緒に居てめちゃめちゃ相性ぴったりだと思わない?

自分たちの仲が交際中の男女と変わらないのなら
「私たちってさぁ~ピッタリの相性だよね」「むしろなんで今まで付き合わなかったのかが不思議だよ」というふうになんとなく関係性について言ってみてください。
男性もそういうふうに感じていたら「じゃ俺の女になる?」みたいな答えが返ってくるかもしれませんね。
それと重くならずふざけるように言う事。それが大切ですよ。

■勇気を振り絞って聞いてみましょう

ダイレクトに「前からあなたのこと男性として意識してて、良いなって想っているんだけどあなたは私をどういうふうに思う?」と質問してみるのもいいでしょう。
もし男性の表情が微妙だとすれば交際にこぎつける事は期待できないでしょう。
もし表情が好意的だとまずは付き合ってみない?と申し出ると、結構な確率で成功すると思います。