ただで せっくす できる すたび

一昨日の題は「最近の若者と性交渉」です。
近現代の若い女子のセフレ事情は「思い通りに遊ぶ尻が軽い女」と「セックスとは全く関係のない女性」の相互対立に分裂しました。
少し前なら、顔を知らない男の方とセックスをしてしまうことに90%以上の女子大生がよくない感覚を持ち続けていましたが、
成り行きの性的なことについてもけっこうざっくばらんにみなす方が多くなっています。
性行為のみの関係に対する善悪の判断は別個に考えるとするが、今日このごろのヤング(主婦にはセックスのみ体質が大量にいることを認識しているでしょうか。
次回は、俺たちの近所のクソビッチ的10代女性に性行為観を真っ向取材。
10代女子とセックスフレンドに対する実像に近づいてみました。
1泊させていただいた返しに性行為をする
ぼちぼちしょっぱなで見解を耳にしたのは、田舎の病院に通うかわいい女の子。肉体関係をもった人数というとたいそうたくさんいます。
女子大生をしているというこの女は、すごい小顔で容姿についても秀逸
永年、お付き合いしておる男子がいるわりに、
週3で男の子のお宅の中に入ってしまって、性交渉をしてしまうといいます。
家屋に入れてもらったにもかかわらず、えっちさせないのってやだなぁと思いやるんですよ。
自分としましては全くしなくてもいいんですけど、その方に誘われると、受け入れますよ。営みも好きだから。
泊めてあげたおわびとして性交渉。
男側から見ると、めちゃめちゃもってこいの女性ですね。
しかし軽く扱われている感情は皆無のようでして、
条件なしでそうやっているわけじゃない。ぽっちゃりしていて汚れている人はご勘弁なので、
この男の人なら性交渉があったとしてもなんとなくいいかなぁなんて感じる男の人だけを取捨選択しつつ一泊していますとのこと。