であいきっさ ひとづま

長年にわたり「女」であり続けていると自分の性欲を満たしてくれる相手が欲しくてたまらない…なんて想像することはほとんどの女性があるものです。
可能な限りお付き合いしたいなどは双方とも期待せず、寂しい時に一緒に居てくれて、必要以上のことは口にしてはいけない。
とても気を使わなくてもいい彼。
私自身最近まで必要な時だけ会っていたセックスフレンドがおりまして…。
この関係を発展させることを互いに言わないので、隣にいて満足した。
気持ちが塞がった時、意見を聞きたいとき、不安な時ものすごく頼りになる人でしたね。
本当にエッチだけの関係の人とは一緒に居て満足するのかもと思っていました。
特別な存在ではなく、所詮性欲を満たしてくれる相手。それは、本気にならないような関係を維持するが必要ですね。
けれども、実際女の心はエッチしたお相手に好きになってしまうケースは実際あるのです。
都合の良い相手に本気になってしまった、と納得することはかなりつらい事です。
だけれども、いつのまにか本気になってしまった…こんなケースの主婦は少なからずいるでしょう。
今後、長い間ずっとただのH相手だった男の人と人生のパートナーとして交際するということは割と困難に感じるものです。
なんとかしてエッチするだけの男性を彼氏にするにはどうアプローチしたらいいのか、思いつくことを挙げてみます。

■あたしたち二人って相性がぴったりだと思うんだ~

お互いの親密度が交際中のように変わらないと感じていたら、
「あたしたちはすごく相性良いよね」「むしろなぜ付き合わなかったのか不思議と思わない?」という感じで関係性について触れてみましょう。
その相手も同じように感じているなら「じゃ俺の彼女になる?」という感じの答えがもらえるかも。
そしてまたストレートにではなくふざけつつ言う事。この感覚が重要です。

■成り行き任せで聞く

単刀直入に「私前からあなたのこと特別な男性として意識してて、良いなって感じてるの。あたしに対してどう思う?」と聞いてみてもいいでしょう。
仮に彼が曇った表情だとすると交際まで持っていくことは期待できないかも。
ここで彼の答えが良ければ笑顔で交際してみよう?と提案すると、少なからず上手くいくと思います。