であいけい こくじん

色恋についての手順が思いあたらない
後日エピソードを聞いた婦人。15歳で処女を失って以来8年の間に、
80人を超える方とオトナの関係を持ってしまったのだそう。
付け加えると現在まで一度も正式な男友達がおったことがないというから驚異です。
どうしてまた男の人を見つけないのか。
彼は前からつくりたいと意識しているんだけど、なんかつくれないんです。愛する人とも通常肉体関係で終わり。
お付き合いする以前に性交しちゃいけないのはよく知っているけど、何気なくやってしまって。
しかしながら、その男と一緒にいつでも買い物も行くし、メンタルが喜びを感じている側面があるから、
今んとこわざわざ特別な男をもたなくてもいいんじゃねなんて決めております。
恋愛感情は人と人との関係と等しいもの。
多様な経験や話を通して、両者を共鳴し合い、じっくり二人のペースではぐくみ育てていくもの。
それでもなお、そういったレベルをなしで対面して早速関係をもつ流れが染みついている人は、
好きな男の強いお願いを拒否することができない弱い娘になっていまう確率があるのです。
このような、特定の彼じゃなくてもオトナの関係を持てる、という娘は増加してしまっています。
その女性の理屈は「人恋しいので」、「性行為がシュミなんで」、「男の人に乗せられて」など、理由はたくさん。
性交だけのつながりのことをバカにするつもりは全然ないのですけれど、だけれども精神とともに肉体は結びついています。
はじめは冷めた感情だったのに、恋愛感情の方が揺すぶられてしまい、
はっとした時にあの男の言う通りなんて、まずい結びつきになってしまうことのないように注意をしたい。
お前らの肉体のことは大事に。セックスのみの関係を探そうとするときは、少なくても自分だけの約束をとり決めておけばベターでしょう。