ひとつま らいん きゅーあーるけいじばん

■愛の経験が豊かで、女の人の取り扱いに免疫のある男性の人

女権論者とは、肉体関係にすべき男子の前提です。
できる限り、色恋の経験がふんだんで、体験していること。
婦人の方の扱いにこなれ感があって、時と場合により取り扱いがやれること。
また何よりも、女の方の人格を重んじることがやれるのが、セフレ関係にもってこいな男子の方なのです。
ああいうと、身だけの結びつきなのに、どういうわけであんな精神的な内容が須要なのか?、と考えるかもしれない。
だからと言って、一千を超えたかかわりだからこそ、あのような要素が大事なのです。
あちらがないと、ふつに肉欲のみの付き合いになりえてしまいます。
男子はだけども本望だが、婦人の方は頭脳的に、あれでは喜べない。
その時限りでも、俺を大切にしてくれる心優しさを、女子の方は男の方に望むものなのです。

■技術者、そしてまた男女の営みに対する欲求が多い男の方

性的な関係としてお付き合いするのですから、確かに営みの手法は大事になるでしょう。
知験多量な技術のある人というのが夢ですが、
そうじゃない場合、例を挙げると試しの薄い若い男子でも、交わりに対する追及心が多量なことが、須要条件になります。
例をいえば、パートナーが試作の厚くない年下男の方でも、
交友している間に友達が絶えず腕前をぴかぴかにすればそれほど肉体関係に似つかわしい男子の方はいません。