みそぢ ひとづま ろくじゅーだい おくさま

■愛の経験が十分で、婦人の取り扱い方に免疫のある男子の方

女を語る人というのは、大人の関係にすべき男児の基礎です。
できる限り、愛の経験が豊かで、体験を持っていること。
女の扱いに耐性があって、その場その場でもてなしができるもの。
そうして何よりも、女の方の人格を大切にすることがすることができることが、大人の関係に正しい男の方なのです。
ああいえば、Hだけの結びつきなのに、何故そうした精神的な内容が不可欠なのか?、と思うかもしれません。
だけど、人身だけの関連性だからこそ、あのような要素が重要なのです。
あちらがないと、全部に肉欲のみしかない交友関係にそうなってしまいます。
人はこれでも満足できるが、彼女は人間的に、これらでは十分ではありません。
その時に限っていても、我を主要としてくれる親切さを、女子の方は男児に要望するものです。

■技術がある方、でなけれは床入りに対する勉学が多々ある男性の人

怪しい関係として交友するのですから、つまり営みの技法は主要になるでしょう。
知験多量なテクニックのある者というのが願望ですが、
ああでない場合、例を挙げると見聞きの広くない若い男子の方でも、交わりに対する知識欲がたっぷりあることが、不可欠な条件になります。
例として、この人が試しの浅はかな年下男でも、
人付き合いしている間に友達が着々腕前を磨けばこれほどまで大人の関係にかっこうな人はいません。