むりょうさいと ななじゅーだい ひとつま

■色恋経験が多量で、女の応対に免疫のある人

女を語る人というのも、セフレにするべき男子の人の前提の一つです。
できる限り、恋愛体験が多くて、経験を踏んでいること。
女子の方の扱いに耐性のあって、瞬時に措置がやれる。
そうして何よりも、婦人の方の人格を大切にすることがすることができることが、大人の関係に正しい男児なのです。
ああいうと、一千を超えた結びつきなのに、どうしてまたこういう精神的な事案が重要なのか?、と感じられるかもしれない。
だけれど、肉体だけの関連性だからこそ、そのような要素が必然なのです。
あれらがないと、まさに肉欲以外にない繋がりになっていってしまいます。
男性の人はこれでも本望ですが、彼女は本有的に、こうでは本望ではありません。
その時限りではあっても、自らを肝要としてくれる慈悲深さを、女子は男の方に期待するものなのです。

■技術がある者、また男女の営みに対する欲求が多い男性の人

肉体関係として人付き合いするのですから、思った通りHの力は大事になるでしょう。
得る多い技術者というのが鑑ですが、
ああでない場合、一つ取り上げると見聞きの高くない若い男の人でも、性交渉に対する勉強がふんだんなことが、主要条件になります。
例をいえば、あの人が場数の低い年下男児でも、
交友している間に伴侶が徐々に手さばきを磨けばあれらほど性的な関係に合う男子の人はいません。