むりょうで あい せくふれ

■恋愛体験がたくさんあり、女の待遇に免疫のある男

女権論者とは、秘密の関係にすべき男性の方の基礎の一つです。
できる限り、色恋体験が十分で、体験していること。
女性の方の扱いにこなれていて、一瞬で措置がやれること。
そうして何よりも、女性の方の人格を感化することができるということが、秘密の関係に相応な男性の方なのです。
ああいうと、下半身だけの繋がりなのに、なんでこういう精神的な中身が必至なのか?、と考えるかもしれない。
だけど、身だけの繋がりだからこそ、こういう要素が須要なのです。
それらがないと、申し分なく肉欲しか付き合いになってしまう。
人はこうであっても本望だが、女子は母性的に、そうでは満足できない。
その時に限っても、自己を重要としてくれる優美さを、女の方は男児に期待するものです。

■技術のある人、その他性交渉に対する向学が多々ある男子の人

秘密の関係として付き合いをするのですから、結局Hの技術は必須になるでしょう。
知験豊潤な技術がある人というのが模範ですが、
こうでないとき、一例を挙げると味わいの愚直な若い男子の人でも、性愛行動に対する知識欲が多々あることが、大事な条件になります。
例として、パートナーがキャリアの愚直な年下男子の方でも、
人付き合いする間に配偶者が絶えず方法を磨いていければあれらほどセックスフレンドに適切な男はいません。