やりこん むりょうけいじばん

■色恋経験が十分で、女性の人のあしらい方に慣れた男子の方

フェミニストとは、下半身の関係にすべき男児の原則の一つです。
可能なら、恋愛経験が多量で、経験があること。
彼女の扱いにつかんでいて、その場で受け答えができるもの。
そして第一に、女子の人格を尊むことがやれるというのが、下半身の関係にふさわしい男なのです。
こういえば、秘密の繋がりなのに、どうしてまたああした精神的な事項が肝要なのか?、と思うかもしれません。
だけれど、人身だけの付き合いだからこそ、そういう要素が主要なのです。
これがないと、全部に肉欲以外にない交流になっていってしまう。
男の人はこうなっても十分ですが、彼女は人間的に、あれらでは十分でない。
その場限りでも、自らを肝要としてくれる優美さを、女の人は男性の方に要求するものです。

■テクニックのある者、他には性行為に対する向学が豊富である男

セックスフレンドとして付き合いをするのですから、なんといっても性愛行動の力は重要になるでしょう。
味わいうんとあるテクニックのある人というのが模範ですが、
こうではない場合、例えると知験の広くない若い男性の方でも、性交渉に対する欲求がたくさんなことが、必至条件になります。
一つ取り上げると、この人がキャリアの低い年下男子でも、
人付き合いする間に仲間が徐々に方法をぴかぴかにしていってくれればあちらほど一線を越えた仲に合う男性の人はいません。