らんこうぼしゅう かんこく

■色恋体験がうんとあり、女子のコントロールに慣れた男子の人

ナルシストというのも、セフレにするべき男性の人の前提です。
可能なだけ、色恋体験が多々あって、体験を持っていること。
女性の方の扱いにこなれていて、一瞬で扱いが可能である。
そうして第一に、女の人格を重んじることができるものが、性的な関係に適当な男子の方なのです。
そうなると、身だけの交流なのに、なしてそのような精神的な事由が不可欠なのか?、と考えられるかもしれません。
けれども、肉体だけのかかわりだからこそ、あのような要素が大事なのです。
これらがないと、ふつに肉欲しかない繋がりになりえてしまうのです。
人はこうなっても満たされますが、婦人の方は本質的に、あちらでは満たされません。
その時に限っても、僕を大切に扱ってくれる思いやりを、女性の方は男子の方に願うものなのです。

■テクニックのある人、あるいは性愛行動に対する向学が十分ある男性の人

セックスフレンドとして付き合いをするのですから、なんといってもHの技術は必至になるでしょう。
味わい豊かな技術のある人というのが夢ですが、
ああでない場合、一つ言えば試しの厚くない若い男性の方でも、性交に対する勉強がたくさんなことが、不可欠な条件になります。
例を挙げれば、先方が体験の浅はかな年下の男の人でも、
交際している間に相方がいつまでも技を磨き上げればそれほどまでセックスフレンド関係ににつく男性の人はいません。